FC2ブログ






プロフィール

tetujin282828

Author:tetujin282828
このブログは、tetujin's blog(Broach)の倉庫です。
本体はココ→ http://pub.ne.jp/tetujin/
小説関係だけをまとめて置いてあります。
倉庫だけに、コメントへのレスなしをお許しください。
(本体に遊びに来ていただければ嬉しいです)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エマちゃん
ベッドで寝ている彼女を起こさないようにしながら、ぼくはそっと彼女の首筋から肩にかけて指を滑らせた。
彼女の寝息が規則正しく聞こえ、彼女の胸がそれにともなって上下に動いていた。
指を肩から小さな背中へ、そして彼女の柔らかなわき腹へ。
指の動きを知ってか知らずか、彼女はまゆをひそめてかすかに反応する。しかし、眠りから完全には覚めない。
まだ、彼女は夢のなかにいる。
ぼくは、さらに指を進めて丸みを帯びた形の良い腰へ。そこは彼女の性感帯だった。
彼女はもぞもぞ動いて、寝返りを打つ。そして、ゆるゆる指の動きから逃れていく。
ぼくの指はその後を追う。
ごろりと仰向けになった彼女の、小さな胸をまさぐる。
夢から覚醒したのだろうか、それでも彼女は目を開けない。
ぼくの指は再び、彼女の柔らかな腹部へ。
かすかに、そして体毛を逆立てるように指を沿わせていく。

昼寝している彼女へのいつもの儀式。
彼女は抱かれるのはだいっ嫌いなくせに、昼寝をしている時だけはけだるげに愛撫を許してくれる。


ゴロゴロゴロ ゴロゴロゴロ ゴロゴロゴロ ゴロゴロゴロ ゴロゴロゴロ ゴロゴロゴロ
しっぽが小刻みに動く。もう夏はすぐそこだ。
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。