プロフィール

tetujin282828

Author:tetujin282828
このブログは、tetujin's blog(Broach)の倉庫です。
本体はココ→ http://pub.ne.jp/tetujin/
小説関係だけをまとめて置いてあります。
倉庫だけに、コメントへのレスなしをお許しください。
(本体に遊びに来ていただければ嬉しいです)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


虫の予感
他人から「あんたは寄生虫じゃん!ダニ!」と言われたことがある人は、そう多くはないだろう。実はこの言葉は、私にぴったりの言葉だ。なぜかと言うと、私はそういう風に生まれついているからだ。ただし、私はダニじゃない。寄生虫には寄生虫としてのプライドがある。だから、今後は私をダニ呼ばわりしないでくれ。
私たちの種と人間との係りは、それこそ太古からである。人間のような自由生活動物にとりついて寄生生活を送る種を、寄生生活種という。寄生の仕方にはいろいろあるのだが、卵の状態で食物を介して寄主を探し当て体内で孵化するのが一般的だ。ここでは詳しくは書かないが、我々の卵が性行為によって寄主から別の人間の口へという感染経路も最近は驚くほど増えてきた。
しかし、孵化してから先の手順は寄生虫の種類によって異なり、大きく分けると2つの流儀がある。寄主の体に毒液を注入して麻酔するか殺したあとでゆっくり成長するタイプ。この種の寄生虫を殺傷寄生者(idiobiont)と呼び、孵化した幼虫は動けなくなった寄主の体液をすすって成長する。人呼んでキリギリスタイプだ。今さえ良けりゃよくて先のことなんて知るかってやつ。
これに対して、寄主を生かしたまま(摂食と成長を続けさせながら)寄生するタイプの寄生虫は、飼い殺し寄生者(koinobiont)と呼ばれる。私は後者のタイプ。
しかし、寄主の体内に宿ることは決して容易いことではない。寄主の体内に宿ると、寄主の免疫機構がもたらす猛烈な生体防御機構が作動する。だから、私たちは寄主の生体防御反応を抑えたり、私たちの変態のタイミングを調節するため、さまざまな生理的機能をもつ毒液や漿膜細胞、DNAウィルスなどを寄主の体内に放り込んだりしてようやく生活しているのが現状だ。
日本では花粉アレルギーが国民病となったが、その昔にその発症例が少なかったのは、我々の毒液が寄主の免疫機能を低下させていたことによる。これの作用は、ネットを探せばあちこちで見つかるから、もうすでにご存知だろう。しかし、そうした作用以外にも、我々が人間の感情など生理的機構に与える作用はあまり知られていない。つまり、我々と寄主は実は共生しているのだ。今日は、寄主の体を借りてじっくりとその辺の説明をしようと思う。

まず、我々には脳がない。これは事実だ。一般に寄生生活への適応の結果、寄生虫の形態には進化の過程で大きな変化が起こる。
吸収や附着、生殖に関する器官が発達する一方、多くの場合に消化器官、感覚器官や運動器官が大幅に退化するのだ。我々は脳を失った結果、その代わり、寄主の脳を使って考えることができるようになった。一時的にではあるが寄主の脳を支配することもできる。だからこうして、ネットを介して他の人間(つまり、あなた)と交流ができるのだ。
我々と寄主の間を媒体するのは神経線維を流れる生体信号だ。電気信号はもちろんのこと、神経内分泌物質の授受をも行う。この神経内分泌系は、寄主のほとんどの部分にとって重要なことを調節している。例えば寄主の性行動、精子形成、卵巣周期、出産、乳汁分泌、そして母性行動に至るまで、生殖のあらゆる面を支配しているといったら驚くかもしれない。そして、種々の代謝作用を調節することで寄主の感情をもコントロールすることができるのだ。

今日、こんなこ難しい話をしようと思ったきっかけは、実は今の寄主の行動に問題があったからだ。私の寄主は、健康な独身のOL。ひとり暮らしOLライフをお洒落に楽しみながら、夢に向かって節約&資格取得をガンバっている。仕事は経理&営業サポート、性格は典型的なO型の性格で、イヤな事はすぐ忘れる。だが、短所は小心者なとこと短気さ。スポーツジムへ通いだしてからもうすぐ6年になる。好きな俳優はチョン・ウソン(韓)という、どこにでもいるようなOLだ。ただ、この寄主が、2ヶ月前からとんでもない男と付き合いだした。
相手の男は自称36歳。2人は某有名出会い系サイトで知り合った。相手はコンピュータ関係の某大手会社に勤めており、年に1~2回海外へ仕事で行くと言っている。外見は若々しく見え、バリバリに仕事ができるような印象を与える。結婚歴は無く、デート中には「早く結婚して子供が欲しい」と、よく口にする。
デートは、車でドライブ。ホテルのラウンジでお茶をして、夜は家まで送り、2回目のデートで結婚しようと言ってきた。デートはいつも高級レストラン。「僕は君を守る。君のような人に出会えてうれしい、結婚しよう」が、そいつのセリフだ。女性が喜ぶツボを心得ていて、知り合ってわずか1ヶ月というのにいろいろアプローチをかけてくる。あまり恋愛なれしていない寄主は、男から言われたことや、してくれることすべてに夢見心地の想いをしている。
ここまではいい。恋している女は、異性を惹きつけるために瞳孔が開いて瞳が潤んで見えたり、肌も美しくなったり、心身のバランスがとれて我々寄生虫にとっても非常に居心地の良い環境となる。しかしだ。交際が始まって1ヶ月が過ぎた頃、「結婚して欲しい」と相手の男が切り出したのだった。「結婚に機に会社を辞め独立しようと思うのだが、独立資金が少し足りないので、150万円ほど貸してほしい」と相手が言い出したのである。その言葉を聞いて以来、寄主の精神状態は危うくなった。つまり、相手に対する不安、疑心暗鬼、期待、信頼など種々の感情が沸き起こり、夜も寝られず、食事ものどを通らない状態になってしまった。もう、お気付きと思うが、寄主は我々寄生虫にとってはなはだ居心地の悪い環境になってしまったのである。
結婚詐欺にあって、寄主が自殺でもすれば、一蓮托生の身の上の我々は無理やり寄主と道連れになるしかない。言ってみれば、自覚のない無理心中だ。と、このように命にかかわる重大事だったので、私も必死だった。寄主の脳に向けて、いろいろなイメージを送って、事態の改善を図った。そして、こうした地道な努力が実って、寄主も自分ひとりでくよくよ悩んだりせずに、友達に打ち明けて相談するようになっていた。

「とにかく冷静になりなよ。燃え上がっちゃうと盲目になっちゃうよ」
「すごくやさしい人なの。いつもおしゃれなお店に連れてってくれるし、今度、海へ行こうってドライブに誘われたの」
「へー、そんな素敵な人なんだー。良かったわね。私も一度会ってみたいなあ。既婚者の目で私がみてあげるわ。でも、なにがあっても絶対にお金は貸したらダメだよ」

相手との結婚を信じていた寄主は、「どうせ結婚費用に貯めたお金だから・・・・・・」と思い、貯金をおろし150万円を用意した。そして、その週末に友達と3人で逢ってもらおうと相手の携帯に電話したところ、仕事が忙しくてしばらく会えないと相手の男は言う。そして突然、相手の男の携帯電話が不通になってしまったのだ。男との連絡方法は携帯電話しか無く、途方に暮れた寄主は男から聞いていた会社に問い合わせてみたのだが、その会社にそのような男は実在しなかったのだ。

「お金渡す前に気がついてよかったね」
「でも、いまでもあの人が結婚詐欺師だったなんて信じられない」
「メールしてて悪い人間ってわらかなかったの?」
「毎日かならずメールしてくれるから、大丈夫だと思っていた・・・・・・」
「よっぽどやり方がうまかったのね!私が会ってもだまされてたかも」
「今考えれば、2人で居る時に携帯電話が鳴っても電話に出ないことが多かったし、3人で会おうって言った時はみょうにきょどってたし。会社に電話したのは、きっと虫の知らせがあったからよ」
「よかったね」

本当によかった。これでもう少し生き延びられそうだ。寄主が若いといろいろ苦労が多い。我々の苦労、わかっていただけただろうか?あの年代の女性が、不意に気が変わるのは、実は我々のせいなんだ。
虫 の 知 ら せってやつだ。
おわり。
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

蓮 携帯 出会い系/蓮 携帯 出会い系

結婚後の夜の生活に満足しない、そんな女性が数多くいることをご存知ですか? この傾向は、実は、経済的に恵まれ、何不自由ない生活をしている20代の奥様に多いのです。ご主人が多忙だとか、年齢が離れすぎているとか、理由はさまざまですが、半年や1年以上あっちの方... 長野で人妻との出会い【2007/07/09 20:02】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。