FC2ブログ






プロフィール

tetujin282828

Author:tetujin282828
このブログは、tetujin's blog(Broach)の倉庫です。
本体はココ→ http://pub.ne.jp/tetujin/
小説関係だけをまとめて置いてあります。
倉庫だけに、コメントへのレスなしをお許しください。
(本体に遊びに来ていただければ嬉しいです)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


啓太の運動会
<啓太、とぼとぼ一人でゴールに歩いていったんだよ>
別れた娘からのメールだった。今日は小学校に通う、別れた息子の5月の運動会だったらしい。運動だけが取り得の息子は、運動会だけが主役になれる日だった。心地よい5月の風に吹かれながらのかけっこ。当然、いつものように一等だったのだろう。

そして、借り物競争。啓太がひいた札には「お父さん」と書かれてたらしい。借り物競争だ。一番近いところにいる中年の男をゴールに連れて行けばいい。だが、啓太はどうやら自分の父親と一緒にゴールしなくちゃと勘違いしたみたいだ。しばらく、うつむいて。
でも、どうしようもなくて、ひとりでとぼとぼゴールに向かったんだろう。
俺は、その時の啓太の気持ちを考えると、心が締め付けられてしまう。唯一、他の子に勝てる自信があった運動会。この日だけが、かれがヒーローになれるときだった。だれからも、うらやましがられ、そして注目される日だった。しかし、借り物競争で引いた札には、かれにはどうにもならない父親の文字が記されていた。・・・・・・いない父親を探してみても始まらない。

ひとり、コースに取り残された啓太。
啓太よりも2歳上の中学生の娘は、目に涙を浮かべて啓太を応援する。ゴールで待っている教師は、一人で歩いてくる啓太をしかりとばす。たかが運動会で、幼い子は心を痛めた。
(inspired by 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル)
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学


この記事に対するコメント
自己破産と30代,40代の転職
自己破産とは、ローンやクレジットカードなどの支払いを続行できなくなった人が、自分で裁判所に申し立を行い、破産宣告を受けることをいう http://kensyou.photobycolin.com/
【2008/08/26 10:19】 URL | #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。